怖い闇金

闇金はこんなところが怖い


メニュー
カードローンで延滞すると取り立てがあるの?カードローンと闇金闇金はこんなところが怖い銀行系カードローンVS消費者金融系カードローンカードローンで多重債務になったらどうする?

基本的に違法営業、だから何でもあり

カードローンに限らず、いくらお金が必要でも、闇金から借りることは絶対に避けたほうが良いと言われています。

その理由はどうしてかご存知ですか?理由はたくさんありますが、闇金業者はもともと貸金業登録などを一切行っていない違法営業をしている業者なので、貸す時にも金利面は十一(10日で10%の利息が発生するという法外な高金利)だったり、取り立ても深夜に自宅にやってきたり、いやがらせや脅しをするなど、何でもありの取り立て方法で利用者を精神的に追い詰めていきます。

昭和の時代には、闇金の取り立てによって一家離散になったり自殺をするなど、社会的な問題になりましたし、そのために貸金業法により厳しいルールが設けられるなどの対策が取られました。闇金は、借りなければ巻き込まれることがないのですから、自分からトラブルに飛び込むようなことは避けたいものです。

もしも借りた金融業者が闇金だったら?

借りた後に闇金だったと気づいたら、どうしたら良いのでしょうか?自分だけで対峙しようとしても、成功する見込みはありません。そんな時には、市役所などに設置されている消費者相談センターの窓口に相談してみるとか、法テラスへ相談するとか、また弁護士事務所や法律事務所に相談して法的な解決をする事をおすすめします。

闇金業者は、営業そのものが違法なので、法律的には闇金から借りたお金は返済する必要がありません。法的な手段で解決しない限りは、地獄の底まで追い詰められてしまう可能性が高いので、自分一人で抱え込まずに速やかに法的窓口へ相談しましょう。