カードローンで多重債務になったらどうする?

銀行系カードローンVS消費者金融系カードローン


メニュー
カードローンで延滞すると取り立てがあるの?カードローンと闇金闇金はこんなところが怖い銀行系カードローンVS消費者金融系カードローンカードローンで多重債務になったらどうする?

多重債務とは?

多重債務というのは、複数の金融機関から同時に借り入れをしている状態のことを指します。複数から借入れをしていても、毎月問題なく返済ができていれば問題なく、その場合には多重債務者とは呼びません。

多重債務者というのは、それぞれの金融機関からマックスで借りてしまい、毎月の返済が出来なくなってしまうという事態に陥ってしまった人のことを指します。

日本国内には、こうした多重債務者は352万人以上いると言われていて、そのうち返済が出来ずに自己破産の申し立てをする人は年間で6万人以上もいると言われています。借りやすくなった分、安易に借りて返済できなくなってしまった人の数も増えているのかもしれませんね。

借りる前にシミュレーションをする事が大切

多重債務者になることを避けるためには、自分でできることはたくさんあります。まず最初に、借りる前に毎月どのぐらいなら返済できるのかという点をシッカリ計算し、金融機関の返済シミュレーションを使って計算してみましょう。

もしもそれで必要な金額を借りることが出来なければ、その出費は自分の身の丈に合わないということになります。お金がないからどうすることもできないとあきらめましょう。

また、カードローンでは返済状況に問題がなければいつでもリピートして使うことができます。そのため、ついついマックスに借りてしまいやすいのですが、借り入れ額が大きくなれば毎月の返済額も多くなるということは肝に銘じておきましょう。