銀行系カードローンVS消費者金融

銀行系カードローンVS消費者金融系カードローン


メニュー
カードローンで延滞すると取り立てがあるの?カードローンと闇金闇金はこんなところが怖い銀行系カードローンVS消費者金融系カードローンカードローンで多重債務になったらどうする?

銀行と消費者金融とでは特徴が異なります

カードローンは、銀行からラインナップされているほか、消費者金融からもラインナップされています。それぞれ特徴が異なり、メリットやデメリットがあるので、利用する際にはそうした点を理解した上で利用するのがおすすめですね。

まず、金利が低いのは銀行の方で、普通銀行口座を持っている人が少額の借入を希望するのなら、金利10%程度で借りる事も可能です。消費者金融の場合には、借入金額によって異なりますが、利息制限法によって制限されている上限ギリギリが多いですね。

少額から借りられるのは、消費者金融の方が優秀です。銀行の場合には、審査を受けて翌日に融資実行が多く、借入額も最低1万円とか3万円ぐらいからのスタートが一般的です。しかし消費者金融なら、もっと少ない1000円単位で借りることができますし、申込んだ即日で融資を実行してもらうことが可能なので、今すぐに数千円だけ借りたいという時には、消費者金融の方が便利ですね。

返済はどちらもリボ払いが可能

カードローンの返済は、銀行から借りた場合でも消費者金融から借りた場合でも、一括返済を迫られることは少なく、リボ払いを選択することができます。

特に消費者金融の場合には、返済方法の選択肢が充実していて、返済期間や毎月の返済額によって返済プランを立てることも可能です。もちろん、一括返済できる人は一括返済ができますし、一括返済をすれば完済までにかかる利息を最小限に抑えることができるのでお得感は大きくなるでしょう。